Main Menu

サクラダ・ファミリアだけじゃない!ガウディの魅力

サクラダ・ファミリアはスペインにある建築物の中で最も多くの人に知られています。建築家アントニ・ガウディの作品であるサクラダ・ファミリアは未完成ながら一部が世界遺産にも登録された教会で、その計算し尽くされたユニークな外観と細かな装飾は見るものすべてを魅了します。有名なのは外観ですが、内装もとても美しく、青や緑のステンドグラスや高くそびえる柱の形は可愛らしくもあり、なんとも「ガウディらしい」作りになっています。

しかし、「ガウディらしさ」を見る事が出来る建築物はサクラダ・ファミリアだけではありません。

その中の一つがグエル公園です。バルセロナの街が一望できるその公園では、タイルのモザイクで作られたトカゲや美しい回路、長く続くユニークなベンチを見る事が出来ます。入口に建つ可愛らしい小屋を見て、作家ダリは「砂糖をまぶしたタルト菓子のようだ」と評したそうです。まさに、お菓子の国のような夢の世界がそこにはあります。

バルセロナの街中にある、ガウディの手がけた邸宅の内、是非見学してもらいたいのが「カサ・バトリョ」です。諸説ありますが、建物正面の脊柱が骨のように見える事から、「骨の家」と呼ばれているこの邸宅は、ドラゴン退治伝説になぞられて建築されたとも言われています。その内部は壁や柱の装飾の曲線と青を基調としたタイルやステンドグラスが輝き大変美しく、まるで海の底の世界のようです。

スペインに行ったらサクラダ・ファミリアだけでなく、是非これらもチャックしてみて下さい。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>