Main Menu

パリ、マリー・アントワネットに思いを馳せる

世界の歴史には少し疎い私。実はヴェルサイユ宮殿にもあまり興味がなかったんです。しかしせっかくパリに行ったのだからと、足を伸ばしてみたら・・とってもよかったんです!!

ヴェルサイユ宮殿はパリの南西22キロに位置するヴェルサイユにある、ルイ14世の時代に建造された宮殿です。パリからは鉄道に乗って行くことができます。とてつもなく広い敷地内に入ると、そこにはまるで映画の世界のような豪華絢爛な美しい世界が広がっています。

建物の中にはなんと700もの部屋があるのですが、実は豪華なだけではなく可愛らしい部屋もたくさんあるのです。「王太子妃の寝室」を始めいくつもの部屋の壁や家具がピンクを基調に作られていて、女性なら心がときめいてしまうでしょう。

ここでは日本語の音声ガイダンスを借りることもできるので、是非それを聞きながらまわることをおすすめします。一部屋一部屋、その部屋にまつわる歴史を聞きながらたどり着いたのは、ヴェルサイユ宮殿中央に広がる「鏡の回廊」です。17枚の巨大な窓とその反対側には鏡があり、高い天井には豪華なシャンデリアがいくつも輝いています。その煌びやかな空間に足を踏み入れると、まるですぐ側にマリー・アントワネットが立っているのではないかという錯覚に陥り、感動で胸が熱くなります。

ヴェルサイユ宮殿を訪れる前には、映画「マリー・アントワネット」必見ですよ!

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>