Main Menu

パリ、外観も美しいルーブル美術館

パリの観光名所の一つがルーブル美術館です。ルーブル美術館は世界最大級の美術館で、総面積60,600平方メートルの展示場所があります。それは東京ドーム10個分程の広さにあたり、一日ではとても見て回ることができません。その歴史は古く、なんと1793年に開館したということにも驚かされます。

ルーブル美術館に展示されている作品の数はあまりにも多いので、事前に必ず見たい物はチャックしておきましょう。もっとも多くの人が集まっているのは、言わずと知れたレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画「モナ・リザ」です。絵までは距離があり、さらに防弾ガラスで守られているという厳重な警備がしかれていますが、やはり実際に目にすると感動してしまいます。他にもヨハネス・フェルメールの絵画「レースを編む女」やミロのヴィーナスは必見です。

ルーブル美術館は展示品だけでなく、建物そのものも芸術的で一見の価値があります。中庭に設置されているガラスと金属で造られたルーブル・ピラミッドは、夜になると美しくライトアップされます。

ルーブル美術館に行く前には、トムハンクス主演のパリが舞台の映画「ダ・ヴィンチ・コード」を見ておくとさらに面白いかもしれませんよ。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>