Main Menu

アールヌーボー好きに

マレ地区にあるカルナヴァレ美術館は無料で楽しめる素晴らしいスポット!

何の変哲も無い石壁の館の中は、迷路のように様々な部屋が。

そしてその一つ一つの空間にバラエティーに富んだ作品が納められています。

その館自体だって十分見応えがあり、無料なんて信じられません。

 

そんな中で特に私が興味を持ったのは宝石店を再現したというアールヌーボーのお部屋。

装飾品はもちろん、家具や天井、床のタイルに至るまで繊細で優雅な曲線に見ほれてしまいます。

それまでの部屋が豪華絢爛なロココ様式の装飾が続くので、雰囲気が変わるのも目新しく楽しいのです。

 

また、他にもオススメの楽しみ方として、私が提案するのは2つあります。

1つ目は、絵画。

他の美術館と同様、絵画もたくさん飾られているのですが、その中に時代ごとに変化して行くパリの景観を見つけられます。

絵画の景色からそれがどの場所か、当ててみるのも楽しいと思います。

 

2つ目は、お庭。

カルナヴァレ屋敷は中庭が美しく、周りを建物に囲まれた空間に緑がきれいに整えられています。

迷路のような屋敷を抜けた先で、ほっと一息庭を愛でてはいかがでしょうか。

 

そして・・最後に穴場スポットのご紹介^^

実はカルナヴァレ美術館内ではないのですが、建物の塀にそってぐるっと回ると外から入れる公園があります。

広い屋敷を巡って疲れたら、近くのスタバでコーヒーを、有名パティスリーでエクレアを買って、日差しのきもちいい公園で休むのが私なりの楽しみ方です。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>