Main Menu

中国蘭州~ウルムチまでの1900kmシルクロードバックパッカーの旅②

IMG_0183 IMG_0144 039 026 IMG_0378

夜中、蘭州発敦煌行きの列車に乗った。敦煌まで1133km、14時間の旅。(硬臥260元程度 ※1元16円レート換算で4,160円程度)

19時に乗り、翌朝9時半に到着と、寝ている間に着くのだから、時間的にも宿泊費的にもなんだかトクした気分になった。列車の中には、熱いお湯のサービスと、カップラーメンや飲み物等の機内販売があった。シャワーはないが、洗面所は広く使える場所があり、洗顔・歯磨きには困らなかった。着いたら安宿に早めにチェックインさせてもらって、シャワーを浴びればいい。途中、車窓から月や星や徐々に砂漠地帯が見えてくる。中国なのにアラビアンナイトみたいだ。なんだか遠いところまで来たんだなと思い、月と星をずっと眺めていた。

朝焼けが地平線から拡がる。朝、敦煌に着いた。敦煌、という古い映画があったな。若かりし西田敏行と佐藤浩一が出演していた、敦煌で撮影した大映画。敦煌という町は砂漠の本当に近くにあり、砂漠の中のオアシスだったことを思い知る。街から砂漠の山がすぐ見える。街には多くのレストランや食堂街があり、仏教・イスラム教などあらゆる人たちが自由に食を楽しめるバラエティ豊かなラインナップがあった。むかしむかしから、こうして、北へ南へ、西へ東へと移動する様々な人種や宗教の人たちが行き交いをしていたんだろう。

砂漠ではラクダに乗り、歩く。突風に砂が混じり、顔に当たると痛い。カラダがすぐにカラカラになった。太陽が出ていたら熱く、太陽が雲に隠れるとすぐに寒くなる。強烈な環境を身を以て知った。

 

・・・・3に続く!

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>