Main Menu

パリ、世界一有名なキャバレー「ムーラン・ルージュ」

「ムーラン・ルージュ」はニコール・キッドマン主演の私の大好きなミュージカル映画です。上映当時、出演者の歌唱力の高さや豪華なセット・衣装で話題となりました。

舞台となるキャバレー、ムーラン・ルージュでは、毎晩きらびやかに着飾った美しい女たちが歌って踊り、お金やお酒、人々の罵声が行き交います。実はこのムーラン・ルージュ、パリに実在するということはご存知ですか?

ムーラン・ルージュは1889年に建てられた、パリのモンマルトルにあるキャバレーです。モンマルトルは映画「アメリ」の舞台としても知られていますよね。実は2つの作品の舞台はすぐ近くだったのです。

ムーラン・ルージュの建物は、名前の由来となった屋根の上にある赤い風車が目印です。映画のような巨大で派手な建物を想像していると、その小さなたたずまいに驚くのではないでしょうか。でも実は約840名ものお客さんを収容することができます。

現在でも、1日に2回ショーがあり、ディナーやドリンクを楽しみながら歌やダンス・フレンチカンカンや大道芸を楽しむことができます。

ショーは上半身が裸の女性が出てくるので年齢制限がありますが、色っぽさよりも面白さのある内容なので女性も楽しむことが出来ます。

お土産屋さんも併殺されているので、ショーは見ないでも外観だけでも見に行ってみてはいかがでしょうか。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>