Main Menu

春色の卵たち〜ドイツ フランケン地方〜

 

 

ニュルンベルグといえばドイツで一番有名なクリスマス市がある町。

オペラ好きならばワーグナーの『ニュルンベルグのマイスタージンガー』を思い浮かべるのでは?

 

知人を訪ねこのドイツにある町ニュルンベルグを訪れたのは復活祭の時期。

戦争で殆どが破壊されたこの町も今では見事に復興され、中世の情緒をたっぷりと感じられる街並が続いています。

しばらく旧市街地を散歩すると、

『近郊の村に行くとこの時期だけに見られる面白い物がある。』

と案内役の知人が車を郊外へ走らせました。

少しすると目に入ってきたのが色とりどりの卵できれいに飾られた泉。

『Osternbrunnen(復活祭の泉)』と呼ばれているものです。

イースター2

ドイツを旅していると町や村の中心によく泉を見かけます。

ニュルンベルグがあるフランケン地方では復活祭にこの泉を卵で飾るのが風習だそうです。

地元の有志たちが卵の殻に丁寧に描いた絵がとても素敵です。

この『 復活祭の泉 』 は大きな町よりも郊外の小さな村の方がより華やかだとか。

ひとつひとつの絵に個性があり見ていて飽きない卵たち。


イースター3

この日には合計3カ所の『 復活祭の泉 』を巡りました。

さてこのフランケン地方は『復活祭の泉』 以外にも『 肉好き』 で有名な所。

そのためかドイツ男性のウエスト周りの平均が一番大きい地方だと聞きました。

 色鮮やかな『 復活祭の泉 』で目が満足したあとは、この地方の名物『ニュルンベルガーソーセージ』という小さなソーセージと『ザウワークラウト(キャベツの酢漬け)』でお腹も満足。

 良い旅になりました。

 イースター4

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>