Main Menu

木の上で・・・・

危なそうですが・・・

 

ツリークライミングとは木に登り、木の上を移動し、そこで野宿をするというもの。冒険、探検、知らない世界の発見、原点への回帰、このスポーツは広い緑の海に飛び込んでいくということ。ツリークライミングは70代の終わりにアメリカで生まれた。自然とクライミングに情熱を傾ける人々が100mもあるセコイアデンドロンの頂上に上ったのがきっかけ。1983年にピーター“ツリーマン”ジャンキスがツリークライミングの最初の学校Tree Climbers International, Inc.をアトランタに創立。フランスにツリークライミングが知られるようになったのは2005年のこと。

このスポーツの目的は紐の使い方の技術、樹木の生物学・生理学について学び修行者の完全なる自立を目指す。進行は4つの段階に分かれている、体力、技術、心理、環境だ。

ツリークライミングを体験するためにはハーネス、カラビナ・クイックドロー、コードなどが必要になります。技術的にはクライミングや洞窟探検などをする時のものを混ぜた感じになります。二本のロープ(DdRT)や一本(SRT)で上る技や、特に重要なのはほどけない結び目の作り方です。木の上で移動するには枝から枝に移り、点呼で下に下りてきましょう。
さぁ冒険の旅に出かけましょう。

 

引用元 :http://www.cameraonboard.fr/blog/181-escalader-un-arbre-de-25-metres-en-treeclimbing/

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>