Main Menu

ロクム

色合いが可愛い。

 

トルコに旅することがあったらお国自慢の特産品、ロクム(英語でターキッシュ・ディライト)を食することをお忘れなく。

この国の他の特産品ミントティーのように暑さで乾いたのどを潤すためまたはただ単に甘いものが食べたい時など一日中好きな時に食べるお菓子です。

ロクムのルーツはいろいろな説があり、伝説によるとスルターンのために特別に作られたデザートだとか。他にもレバノンの« malban »や« ahbisa » などという同じタイプのお菓子がルーツだとも言われている。

ロクムのルーツで一番もっともらしいのが喉を癒すための伝統的なアラブの薬(ハーブと蜂蜜が原料)だ。18世紀の終わりにイスタンブールに到着したお菓子職人見習いのHaci Bekirという人が

ロクムを作る時のレシピとしてこの薬を参考にしたらしい。

インタンブールのセンターにある彼のお店« Ali Muhiddin Haci Bekir »ではすべて彼のあみ出したもので、今日でも彼の子孫がそれを守り続けている。

とにもかくにも、ロクムは友達、恋人または子供達に贈る国の代表的なお菓子となった。ガストロノミーのエンブレムとして大きなお店から、近所の総菜屋、露店または地元の市場などトルコ中で販売されている。

この四角くてゴムのような柔らかい触感の飴は柔らかい色合いで様々なフレーバーがある。その中でも特に変わっているものはバラ風味とレモン風味だ。最近ではくるみ味や果物味なども作られている。

ロクムを家で作るのは意外と簡単で、水、砂糖、ゼラチン、食用色素そしてお好みのアロム。 25gのゼラチンを水にひたして、2lの水と450gの砂糖を沸騰させる。その後火をとめてゼラチンとアロムを入れる。また火にかけてすべてを混ぜ合わせる。

綺麗に混ぜ終わったら、お鍋をつめたい水の中に。またここでアロムを入れて混ぜたあとに四角い型に入れて一日中冷蔵庫の中に。型から出して小さく切る。その後お皿の上に乗せてコーンスターチとパウダーシュガーを混ぜたものを降りかけるだけです。

引用元 : http://www.voyages-culinaires.fr/europe/turquie/les-loukoums/

 

 

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>