Main Menu

ピレネー : 北カタローニュの旅

のんびり自然を満喫できそう。

 

小さな村をいくつかとビア・フェラータの観光のあと、ピレネーに向かうときがやってきました。 プログラムは: 雪・太陽・乗馬そして羊!

 

Aigüestortes公園をスノーシューで登山。

まずは短いけどスポーツマン的なスノーシューを使った登山から始める。(特に写真を撮ったり撮影したりしながら遅れを取り戻すためにグループの後を走ってついていかなくちゃいけない場合。)

私たちはBoí(ボイ)から出発。 ここには奇妙な金属でできた羊があり公園に行くためのミニバスに乗車できる(個人的な車で公園にアクセスは不可能) 往復10ユーロ。

スノーシューをはいて、さぁ出発。はず最初ははっきりいって最悪。まず、雨が降っている。 幸いなことに雨も上がりむしろ暑くなってきた(フリースを着ててだけど) 川に沿って進み、いくつかの橋を渡り、登って、降りてちいさな避難所で昼食休憩。

(時間的にはおやつの時間なんだけど)何人かの登山客は出発の前に日光浴を楽しんでいた。 何人かは小屋の中で火にあたっていて、私たちはカタローニュのハムのサンドイッチと乾いたポテトを出発前に手早く頬張った。

 

Val d’Aran (アラン谷)で乗馬。

これが私にとって二回目の乗馬体験。 Artiesに向かうためにVielhaを出発。 別に乗馬が上手くなくても大丈夫慣れてなくても大丈夫。馬は勝手に一人で進んでいく。 だから写真を撮るために何回も馬に右によって、左によって、って頼んだけど無駄だった。グループから離れないように言うことを聞かないと決めたみたい。・・・なので写真が一枚しか撮れなかった!

ちなみに午後に行ったPla de Beret の写真も一枚しかない。(降りながら取った写真でしかも夜)とっても美しい場所だったのに。ビデオを撮るのに夢中だったの。ビデオは近日公開しますよ!

 

Lleida(リェイダ)の土地でアントニオと過ごす朝。

 

何時に Llessuiについたかわからないけど、« El Pigal »で出されたボリューム満点の朝食はありがたかった。 今日のプログラムは簡単。羊飼いの生活を覗いてみるというもの。というわけで私たちは、まず歴史的背景を知るためにLlessuiのエコミュージアムに。その後に羊飼いのアントニオと(羊達も)草原まで降りていく。実は羊は歩くのが早いということを発見できたいい機会。(もし写真を撮るために後ろにいると走るはめに!)

最後に一日を山の中で太陽にも恵まれ満喫できたいい一日になった。

そして最後の夜をバルセロナの町で過ごすためにピレネーを離れた・・・

 

知っていて便利な情報。

Aigüestortesでミニバスを予約するには:Casa del Parque de Boí, carrer de les Graieres, 2 (Tel. : 973 69 61 89)

アラン谷での乗馬登山は旅行案内所か乗馬クラブに問い合わせ。

Artiesで食事するなら:レストラン URTAU とっても美味しいタパス。

Pla de Beretのそばで宿泊するなら:Baguergueという村にある HOTEL SEIXES。

Llessuiで食事するなら: レストランEl Pigal (casa Quico)。 本当にすごく美味しい!

 

引用元:http://www.madame-oreille.com/blog/index.php/decouvrir-le-nord-de-la-catalogne-les-pyrenees/

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>