Main Menu

ハーブルグ〜ロマンティック街道の中世の城塞〜

ある春の1日をロマンティック街道沿いにある小さな町で過ごしました。

ロマンティック街道と言えばローテンブルグやノイシュヴァンシュタイン城が定番。

人気が高いだけあり見応えも十分ですが、観光客が多くなかなかゆっくりとは過ごせません。

「もっとゆったりとロマンティック街道の旅を楽しみたい。」

そう思って訪れたのが南ドイツのネルトリンゲンとドナウ・ヴェルトの真ん中辺りに位置する『ハーブルグ』という町でした。

この旅の目的は約1000年の歴史を持つハーブルグという中世のお城。

日本語でお城といっても正確にはドイツ語のブルグ(Burg) = 城塞になります。

その一方でノイシュヴァンシュタイン城は同じお城と言ってもドイツ語ではシュロッス(schloss) = 宮殿になります。

つまりハーブルグ城は『ブルグ』で城塞です。

車がハーブルグの町に近づくと車の窓に見えてきたのは高台にそびえる大きなお城。

harburg5

写真 :ウィキペディア

入場料は5ユーロ。この料金には城内の見学ガイド料も含まれています。

時間になりお客さんが集まるとガイド付きの見学ツアーがスタート。私達を案内してくれたのは中世の衣装を身につけたちょっと年配の女性でした。

薄暗くて今にも中世の騎士が現れそうなお城の中をじっくりと1時間程見学。ガイドさんの説明も面白く、中世の城塞での生活についての見聞が広がりました。牢獄もあってちょっと怖い雰囲気も味わます。これで5ユーロなんて安いです。

またハーブルグ城の中にはホテルがあり宿泊もできます。

ここに泊まれば中世の騎士やお姫様の気分が味わえそう。

Harburg2

レストランとホテルのHP : http://www.burgschenke-harburg.de/index.htm

 

お城の見学のあとは町へ降りて行き市街地をのんびりと歩きました。

小さなこの町は地図なしでも迷いません。

気ままにぶらぶらと歩いていると観光客ではなく『旅人』になった気分です。

ヴェルニッツ川沿いのカフェで手づくりのリンゴのケーキとコーヒーでちょっと休憩。

 

一服したら今度はお城の周りで緑に包まれながらちょっと長めの散歩。

Harburg3

ロマンティック街道の小さい町に滞在したい人にはハーブルグはおすすめの場所です。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>