Main Menu

世界三大仏教遺跡のひとつ、バガンへ

マンダレーからバスに乗り込み着いたのは

ミャンマー随一の観光スポット「バガン」。

 

世界三大仏教遺跡の一つと言われるバガンに

とうとう足を踏み入れたわけだ。

 

バガンの遺跡は広範囲に渡っていて

徒歩で見て回るのはまず不可能。

大抵は馬車か自転車を一日チャーターする。

 

僕は自転車をチャーターして、遺跡巡りに出発した。

 

DSCF7413

政府の意向で宿は遺跡が点在するオールドバガンという地域には

一切なく、近郊のニャウンウーという村から自転車でアクセスしなければならない。

遺跡はオールドバガンに密集して点在している。

 

DSCF7502 DSCF7567

 

遺跡は乱立する様は正に圧巻の一言に尽きる。

 

いくつかの遺跡は塔の上に登ることが出来るから、上からの景色を眺めて見ることをおすすめする。

(そーいえば最近はカッパドキアみたいに、早朝気球ツアーも開催するようになったらしい)

因みにベストスポットはシュエサンドー寺院。夕日に色づく寺院と大地が見渡せる。

 

三大遺跡のアンコールワット、ボロブドゥールに比べれば知名度は

低いかも知れないが、他の2つにも負けないパワーを持っていることは間違いない。

 

DSCF7669

 

ちょっと、話を食事に変えよう。

 

ミャンマーの国民食といえばカレーだ。

カレーと言っても僕らの想像するそれとは全くの別物で、

油戻し煮という独特の調理法で作られる。

カレーは日本人好みの味なのだが、それ以上にすごいのが

副菜の量!カレーを注文するだけで、ご覧のとおり17品のおかず笑

 

もちろん、お値段はカレーの料金のみ。笑

※外国人向けのレストランだとこういった提供のされ方は

あまり無いようなので、食べたい人は現地人向けのレストランへGO!

 

 

この日は2011年3月11日だった。

僕はバガンにいた。逃避行は続いていく。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>