Main Menu

NYでおススメのレストラン

美味しそう。

 

アメリカ最大のメトロポリス、世界経済を支える大都市、美術、モード、劇場、メディアの集まる町ニューヨーク。 いろいろな側面を持つこの街は美味しいスポットも数多くある。

ここではそのうち4つのそれぞれに特徴のある場所をご紹介。

1. Club A Steakhouse  XXLサイズのステーキ!

牛肉のファンならここ。(念のために予約することをおススメします。よく満席のことがあるので) ここでは、ステーキ、Tボーン、フィレなどの最高級の肉が、お好みの焼き加減で提供してくれる。

他にもこのお店の人気メニューは神戸牛とフォアグラのバーガー。口の中でとろける。木苺色に塗られた店内はこじんまりと暖かい雰囲気だ。店長はデザートをサービスしてくれるなど細やかな気配りまでしてくれる。

2. Le Carnegie Deli 絶品のパストラミサンド 

1937年開店、ここはニューヨークの中でも老舗の一軒。ここでは長絶品のパストラミサンドを食することが出来る。New York Timesは ”世界一”と評価。

このサンドの特徴は?ライ麦パンにはさまれて出てくるお肉、ただこのお肉(牛の胸肉)がパプリカ、にんにく、クローヴ、マスタードの粒、こしょうをミックスしたソースに漬け込んだものなのだ!

また、ここのハウスチーズバーガーもなかなかのもの。ニューヨークー風にクリームチーズで出来ている。(イタリアのリコッタよりは低カロリー)そして二度焼きするという手の込んだもの。

3. Eleven Madison Park 繊細な料理とエレガントな店内

ミッシュランの3星、Zagat (NYのガストロノミーガイド)では28/30、予約待ちは平均3週間、Eleven Madison Park は特別な料理を味わいたい人には夢のような場所だ。

アメリカ人シェフDaniel Humm(スイスの3つ星レストランで修行)の提供するおススメメニュー(195ドル)は驚きの連続。それぞれの料理はそれぞれの特別なワインと一緒にサービスされる。

なので、ウェイターが毎回お皿を運んでくる時は映画のワンシーンのよう。他にも15のミニサイズの料理にメイン料理がついてくるコースもある。モダンアートで少し冷たい感じのする内装と料理よりは劣るデザートがいまいちと

言う人たちもいると思うが、ここではおいしいひと時をすごすことが出来る。

 

4. Le Mille Feuille フランスが誇るパティスリー

マカロン(可愛い専用の箱入り)と有名なミルフィーユのためにだったらどんなことも出来る。 しかし、彼の作るシンプルなクロワッサンやチョコ入りのパン、ブリオッシュにも同じことが言える。若きシェフ、フランス人パティシエ Olivier Dessyn

Ritz Escoffierの学校で学び、ホテル・モーリス、パティシエ Pierre Herméのもとで腕を磨いた。彼のサイトを覗いてもらえばわかると思うが、レモンタルトのチョコレート入り、キャラメル入り、ナッツ入りや伝統的な洋菓子セント・オノレまたはリンゴと

シナモンのクランブル・・どれを選んでいいのか迷ってしまう。嬉しいことに彼のお菓子作り教室も開催されているので、参加するのもいいかもしれない。

 

引用元 :http://www.my-flyon.com/itineraire-culinaire-restaurant-new-york/

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>