Main Menu

ベルリナーヴァイセは夏に飲みたい甘酸っぱいビール

ベルリンにはベルリナーヴァイセというビールがある。

白ビールと同じく小麦を使ったビールの一種で、酸味があるのでシロップを加えて飲むのが一般的な飲み方。

定番のベルリナーヴァイセには2色(味)あり、木いちごのシロップが入ったものは赤、Waldmeisterというハーブのシロップが入ったものが緑。けっこう毒々しい色なので、ドイツに来て3年が経とうとしてるが、自ら買って飲んだことがなかった。

今年の春、ドイツの田舎を訪れていた際、ベルリン出身の年配のご夫婦に食事をごちそうしてもらう機会があった。そこで初めて頂いたのが、ベルリナーヴァイセ。

見た目の甘ったるそうで毒々しい色は裏腹に、甘酸っぱくほどよい炭酸で、これはとっても美味しい!

木いちごシロップはここのお宅で手作りしていて、それをベルリナーヴァイセに混ぜてくれているのでとてもフレッシュ。

こんなに美味しいのなら、もっと早く飲んでおくんだった。

ビールを使った甘酸っぱいカクテルという感じで、食前酒にぴったり!

調べてみると、ベルリナーヴァイセの歴史は古く、1642年まで遡る。ベルリンで製造されたものだけがベルリナーヴァイセと名乗ることができる、まさにベルリンの味。

こんな大事なものを、今まで飲んでいなかったなんて、ベルリンの春夏の本当の楽しみ方を知らなかったようなものだ…

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>