Main Menu

南フランス サン・ポール・ド・ヴァンス 〜羊屋敷で田舎暮らし〜

南フランスのコートダジュールで休暇を過ごしました。

15年前に住んでいたことがあり、友人がいるので2年おきくらいに訪れています。

子供が小さい頃はビーチ近くのバカンス用のアパートに滞在していましたが、最近は海岸から離れた田舎の家を選んでいます。

今回滞在場所として選んだのは St Paul de Vence(サン・ポール・ド・ ヴァンス)という所。

エズと同様に鷹の巣村としてコートダジュールで人気がある場所です。

ニースから車で30分程奥へ入ったところに位置するこの村は多くの画家達に愛され、シャガールもこの地で最後を迎えました。

サンポール

村の中心からちょっと離れた静かな場所にある家に到着すると大きな毛むくじゃらの犬のお出迎えがありました。

宿泊するのは窓の赤い外扉がとてもかわいい小さな石造りの家。

きれいに手入れされた庭にはこの地方の伝統的な遊び『ペタンク』ができるスペースもあります。

羊屋敷2

羊屋敷ペタンク

オーナマダムの案内で敷地内の離れの小さな家の中に入ると、テーブルの上にワインとお菓子が置かれていました。嬉しい心遣いです。

ワインとお菓子

このマダムはご主人の仕事の都合で日本で過ごしたことがあると分り話がはずみました。

動物好きのマダム。敷地内には犬3匹、猫5匹がウロウロと歩いていました。ちょっと前までは羊と馬も飼っていたとか。

どうやらマダムは羊の大ファンらしくいたる所に羊の置物を発見。

羊3

羊4

羊2

 

そこで秘かにこの小さな石造りの家を『羊屋敷』と命名。

 

さてこの羊屋敷で過ごした1週間は以下の通り。

– 朝食のための焼きたてのクロワッサンとバケットを買いに行く。

– 午前中は近くのスーパーで食材の買い出し。新鮮な魚介類と果物・野菜、サラミやチーズも豊富で嬉しい。

– 午後は友人宅を訪ねたり、気が向いたらちょっと遠出。その他は近郊にある小さな村々を散策。

小さな村

ラ・コル=シュル=ルー (La Colle-sur-Loup)の夕暮れ時

夜になると庭を蛍が飛び交い、朝ドアをあけると犬や猫があいさつに顔を見せる。

そんな羊屋敷での田舎暮らしすっかり気に入りました。

羊屋敷 朝

 このドアから犬や猫たちが入ってきます

さてこの羊屋敷は以下のサイトで見つけて予約しました。

http://www.homeaway.co.uk/p6150959#summary

残難なことにオーナマダムはこの羊屋敷を売りに出しています。売却したお金でボルドーに馬が飼える別荘を購入したいとか。次回も滞在したいと思っていますが、どうなっているでしょうか羊屋敷、、、。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>