Main Menu

ミーシェンでユウメイなコンメイ。 -シルクロード横断編-

中国、雲南省の省都「昆明」(日本読:コンメイ、中国読:クンミン)

雲南省は中国一、民族が多様であることで有名である。

そして昆明は、年間の気温差が少なくて常春と呼ばれるほど過ごしやすい。

また、昆明はシルクロード南の道の中継地点としの機能も果たしていたらしい。

 

僕が昆明に立ち寄ったのは、今後の雲南省観光の起点になる街だから。

これから、昆明→大理→麗江→香格里拉と北上する。

 

さて、昆明観光なのだが昆明自体はこれといった観光地がないので、

僕のお目当ては自ずと食に向いていった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この街は、米線(ミーシェン)と言う麺が有名で、

街の至る所に米線屋が軒を連ねている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

種類はいろいろあって、最近日本で流行りの油そばのような汁なしのものから

うどんのスープのようなもの、つけ麺タイプと、毎日食べても飽きないラインアップである。

もちろん、日本人も好みの味で抜群にうまい。

値段も良心的。シンプルなものは6元(90円)から8元(120円)くらいで食べることが出来る。

しかし、あまり食べ過ぎるとラーメンが恋しくなるので、ご注意を。(経験談)

 

せっかくなので、僕が行った米線屋もあわせて紹介したかったのだが

店の名前を思い出せないので、そこはご了承・・・(笑)

ただ、日本人バックパッカーのバイブル・地球の歩き方に掲載れているレストランは

現地人に言わせると、あれはダメだと言われることが多々あるが、歩き方・中国に

紹介されている米線屋さんはガチで美味いので、おすすめ。現地人でいつもごった返していた。

 

まぁこんな感じだ。色々書いてはきたが大事なことは、

店によって当たり外れはあるので現地人の入り具合を見てから入るように、ということだ。(笑)

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、昆明では滞在時間的な問題もあって何もすることがなかったので、

街をぶらぶら歩き(思ったよりも都会だ)、大理行きの列車のチケットを買いに駅に向かった。

 

そして駅に到着し、僕の目に飛びこんできたものは・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・・・UFO?!(上の円盤のあたりがww)

 

うん、ちょっとかっこいいな。

SFに目がない僕は、興奮気味のまま

明日朝一で大理へ向かうチケットを購入した。

 

–次回も雲南省からおとどけ。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>