Main Menu

フィリピン サガダで鍾乳洞探検

ルソン島北部の山岳地帯、コルディラ地方のサガダは、標高1500メートルにある小さな町。

雄大な自然と、独特な文化で、フィリピンの避暑地、観光地として知られています。

そこで、見られる変わった風習とは、「ハンギングコフィン」という死者の弔い方。

天国へ近いところへ埋葬してあげたいとの思いから、棺を壁に吊るして、死者を弔うそうです。

住むところが違うと死者の弔い方まで違うのですから、不思議ですね。

hanging coffin

そして、雄大な自然のひとつが洞窟。

サガダには60以上の洞窟があると言われていますが、その中でも一番大きくて有名なのがスマギン洞窟。

スマギン洞窟は立派な鍾乳洞です。

securedownload (2)

日本でいう、鍾乳洞探検は、足場が組まれていて、ライトアップされ「見学」と言っていいようなもの。

ただ、フィリピンに鍾乳洞探検は、素人とはいえ、探検家としてのある程度の体力と根性をもっていなくてはいけません。

足場もなく、素の鍾乳洞を、ガイドさんのランタンのあかりひとつを頼りに裸足で進むんです。

 

コウモリが泣く声がしたり、狭い穴をくぐりぬけたり、わくわくとドキドキの連続でした。

鍾乳石って、もっとつるっとしたものかと思っていましたが、意外とザラザラとしているんですよ。

外の明かりを見たときは、ちょっとホッとしちゃいました。

 

ヨーグルトハウスは、サガダの町で観光客が必ず立ち寄るヨーグルト専門店。

フィリピンでは、こういう高地でしかいちごがとれないので、

いちごジャムがかけてある「いちごのヨーグルト」は、留学中の私には最高のおやつでした。

yogurt house

町を徒歩で下り、棚田を歩いていくと、ボゴン滝という大きな滝があります。

私は、さすがに寒そうで泳ぎませんでしたが、滝つぼで泳いでる観光客の姿も見られました。

securedownload (1)

 

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>