Main Menu

フィリピンの移動手段 ジープニーに乗ってみよう

フィリピンでの移動手段と言えば、「ジープニー」です。

ジープニーは、もともと米軍が使っていたジープで、それを改造して、乗り合いバスにしたものです。

運転手の趣味なのか、それぞれのジープニーでデザインが違うんですよ。それも結構やんちゃなデザイン。

内装まで凝っているものまであったりして、見ているだけでもおもしろいです。

でも、実際にジープニーを乗りこなせるようになれば、フィリピンでの旅行や生活もぐんと便利になります。

私が留学していた大学構内でも、ジープニーの路線が何本かあり、

そこからそこの短い距離でも、ジープニーを利用して移動していました。

SANYO DIGITAL CAMERA

 

停留所で待っていると、不定期に、でも頻繁にジープニーはやってきます。

後ろのほうから乗車したら、運賃を運転手に支払います。

もし席が後ろであれば、近くの人に渡して前にどんどん自分の運賃が運転手まで送られていきます。

おつりもちゃんと返ってきますから、安心してください。

降りるときは、

「dito,po (ディト ポ)」 ここでーす。と言うと、止まって降ろしてくれます。

フィリピンにいるときには、いつも所持品に気を留めておいたほうがよいです。

ジープニーのなかでは、手荷物はひざの上に乗せて座りましょう。

 

降りるところを過ぎてしまったり、間違った路線のジープニーに乗ってしまったり、

いろいろ失敗もありましたが、

「手から手へと、運賃を渡し、降りるときは、声を張って運転手に知らせる。」

そんなアナログな乗り物が、ピツピッとタッチ1秒で乗り降りする日本にいると、とても懐かしく恋しく感じるときがあります。

 

 

 

 

    Comments ( 1 )

  • Sano

    ジームニーの車体がカッコ良いですね。
    とてものんびりした雰囲気ではあるけれど荷物は必ずひざの上にという点がやはり海外ですね。
    もちろん日本でも荷物は自分で守らなければいけませんが。

    開放感の有るこんなバスに乗ってみたいです。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>