Main Menu

夏のベルリンでOpen Air パーティーを楽しむ!

世界中の音楽好きが最高の音を求めてやってくるベルリン。

最新設備が整ったクラブ、廃墟クラブ、船上パーティー、ルーフトップパーティーそしてホームパーティー、月曜から日曜まで必ずどこかで誰かが音を鳴らしてパーティーをしている。

そして、22時頃まで陽が沈まない6月~8月中旬まではパーティーピープルにとって最高の季節だ!

この季節はオープンエアーパーティーが目白押しで、大きなクラブもガーデンを開き、太陽を浴びながら真っ昼間から踊ることができる。

先日、日本からベルリンに住む私を訪ねてきた友人と共に、ベルリンの旧東側にあるマウアーパーク(壁公園)で開催された大きな野外パーティーに行ってきた。マウアーパークとはその名前の通り、元ベルリンの壁がそびえ立っていた壁際に作られた公園で、いまも壁が残されている。

フリーのオープンエアーパーティーで、主催はおなじみRed Bull Music Academy。

16時スタートし、私たちが公園に付いたのは19時頃。途中、どしゃぶりの雨が降ったものの有名アーティストが出演するフリーパーティーを楽しもうと大勢の人が集まっていた。ベルリンの雨はそう長くは降らないことを皆知っているし、雨が降ったあとに青空から顔を出すオレンジ色の太陽が格別なのも知っている。

最前列で踊る人、座ってピクニックと音楽を聴く人、パーティーの楽しみ方はそれぞれ。

最前列で踊る人、座ってピクニックと音楽を聴く人、パーティーの楽しみ方はそれぞれ。

友人や恋人、または家族と訪れた観客が座って音楽を聞いたり、お酒を飲んだり、調子に乗って壁によじ登ったりして楽しむ。お弁当や、手作りケーキなんかを持ち寄ってピクニックを楽しむのもベルリン流。ベルリナーはたくさんのお金を使わず、遊ぶことの天才が多いと思う。

公園内にいまも残されている壁。

公園内にいまも残されている壁。

昼間のオープンエアーパーティーが終わったらアフターパーティーに出かけたり、陽が完全に落ちるまでゴロゴロしたりして夏のベルリンを存分に楽しもう!

 

    Comments ( 2 )

  • Sano

    ベルリンの人々の日常は豊かですね。
    自然と芸術と社交とすべてを楽しむベルリンの生活がとてもうらやましいです。

    • Kater

      Sano さま
      コメントありがとうございます! ベルリンは今、世界からエネルギッシュな若者が集まってきているホットな場所ですよね。 ドイツの中でも異色な都市ですが、機会があったら立っちよってみてください^^

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>