Main Menu

アムステルダム、ゆったり流れるコーヒーショップの時間

オランダを旅行したことがある人、もしくは旅行したいと思っている人は「コーヒーショップ」の存在をすでにしっている筈だろう。(それが、危険な場所としてか、楽しむ場所か、というそれぞれの見解は置いておいて)

オランダのコーヒーショプとは、ただのカフェではなく大麻を乾燥させて作る「マリファナ」を合法的*に販売し、喫煙ができる場所だ。
(*あくまでもオランダの法律上です)

え!大麻って麻薬でしょ、ゼッタイダメ!…と思ってしまうのも当然。日本では大麻草を所有すること自体が禁じられている。しかし、オランダではマリファナなどのソフトドラックを行政の管理の元に販売することによって、若者がハードドラックに走ることを食い止めると考えられている。また、アメリカでも医療用大麻の理解と普及が進んだり、嗜好品とのしての大麻が一部の州で合法化されたりして、今後も大麻の所有に関する法律が変わっていきそうだ。

 

と、カタい話しは置いておいて、皆さんが気になっている(と、思う)アムステルダムでのオランダ人のコーヒーショップの楽しみ方について。

IMG_0136

雨宿りのために入ったコーヒーショップからの眺め。ちなみに、お店の中や人の写真を撮るのはマナー違反。

アムステルダムの街を歩いてみて「coffee shop」の看板を見つけたら、それがコーヒーショップ。

暗くていかがわしいところにあるワケではなく、いたって普通に街の中に存在する。行ってみたいお目当ての店が特になければ、カフェと同じように、お店の雰囲気やインテリア、音楽で選んでオッケー。

有名店から、旅行客の多い店、地元民の多い店などいろいろ。お店が混んでいるようなら、先に席を確保してからドリンクを注文。マリファナにもお店ごとにいろいろなメニューが用意されているので、迷ったら店員さんにおススメを聞くのが一番とのこと。タバコを混ぜたジョイントも1本単位で購入可能。

諸々、準備ができたら、あとはまーったり喫煙を楽しむだけ。

大麻を吸ったらどうなるか?品種によって、ある程度のエフェクトに差はあるものの、眠くなる人、元気になる人、お腹が空く人、お腹がいっぱいになるひと、それは人それぞれ、とのこと。

 

お店の良し悪しもあるが、もし好みの店に当たったらラッキー。フレッシュミントティーなんか飲んじゃって、おもちゃ箱のようなアムステルダムの街をぼーっと見つめながら自分の時間を楽しむことができる。

コーヒーショップは、そんな忙しさから自分を解放させてくれるような時間をくれる場所だそうだ。

と、いってもお酒や食べ物と同じように、吸いすぎには注意。酔っぱらって帰れなくなったなんて、恥ずかしいことにならないように自己管理はシッカリとのこと。

また、コーヒーショップ外や路上での喫煙は禁止、コーヒーショップ内ではタバコの喫煙は禁止かタバコエリアが決まっていることもあるとのことです。

では!

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>