Main Menu

夏の旅、ボローニャで食べたラグー・アラ・ボロネーゼ

2013年の夏、北イタリアを旅行中に1泊だけ訪れたボローニャ。ちょうど、週末にかぶってしまったため、日曜日に空いているレストランを探すことはなかなか苦労した。

私が食べたかったのは、ラグー・アラ・ボロネーゼのパスタ。泊まっていたホテルで、日曜でも開いていておいしい手打ちパスタが食べられるトラットリアを聞いたが、そこもなぜか休み。。

仕方がないので、観光客の多い中央広場の近くで、適当な店に入ってみることにした。

ラグー・アラ・ボロネーゼはミートソースと言ってしまえばわかりやすいのだが、牛ひき肉をトマトで煮込んだソースで、ボローニャでは平打ちのパスタ、タグリアテッレやラザーニャで食べられている。質の良い肉と、イタリアのトマト、そして作り立てのパスタ。んー、美味しくないわけがない!

IMG_0470

しかも、イタリアで食べたパスタは、どれもこれも湯で加減がばっちり!イタリア人と日本人は食に対する意気込みが同じくらいあるのではないかと思う。だから、話しも合うし、いっしょにいて楽しいと思うのではないか。

この地域が特産の甘めの発砲ワイン、ランブルスコを飲みながら、薄着で外食が(もちろんテラスで)できるなんて、夏のイタリアはおいしくって、楽しい!と、ほろ酔いで考えていた。

 

ちなみに、この地域は陸地なので、肉を使った料理がが多く、パスタにもたまごが入っているので、ボローニャのおじさんおばんさんたちは、若干太り気味の傾向にあるらしい。ボローニャに訪れる際は食べ過ぎにも気をつけて。

 

 

    Comments ( 2 )

  • Sano

    おいしそう!!!!
    まいったな〜
    この素朴な地元感を見たらきっとおいしいパスタだったでしょうねと、よだれが出そうです。
    このパスタを食べる為だけでもボローニャへ行きたいです。

    毎回おいしい料理をご紹介してくださりありがとうございます。
    お陰で私は行きたいところが増えてしまい困っています。(笑)
    ・・・いやいや、生きる目標が増えたと言えるかも。

    このおいしい物を食べにいく為にしっかり働いて楽しい旅行の為に節約して
    時間とお金と体力を蓄えます。

    旅行って良いですね。

  • Kater

    Sano さま
    コメントありがとうございます。やはり、どんな食べ物も鮮度が大事!と、いうことがイタリアであらためて思いました。
    旅行って良いですよね。いくつになっても、アクティブに旅行を楽しめるように体力作り、大事ですね!
    ちなみに、わたしはイタリア旅行の後 しっかり太って帰ってきましたw

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>