Main Menu

パリで車を撤去されてしまった場合

前回、駐車違反の罰金について書かせていただいた。リンク先
分かっていて駐車違反していた場合は仕方無いが、知らなかったというだけで罰金を取られてしまうのはなんともやるせない気持ちになる。

しかしパリでは無料の時間なのに、駐車していい所なのに、問答無用なく撤去されることがある。
例えば次の日マルシェが行われる場所はその前日の24時に一斉に撤去される。
工事がある場所はその都度撤去される。
革命記念日のためのパレードでその一帯は撤去されるなど、駐車料金を払っていても撤去されるので注意したい。
なるべく駐車場所はMairie(区役所)のサイトで調べる事をお勧めする
中には撤去されて気付かない場合もある。幸い撤去された場合は5日後に撤去された旨の手紙がくる。
また撤去されてすぐ気付いた場合はなるべく早く撤去された地域の警察署に電話か直接行くことをお勧めする。
というのも保管されている日数分の追加料金が発生するのだ。

料金表がこちら

料金表

車の重量によって多少ちがうが、一般者の場合
車の撤去のために車を固定するのに7.60€
撤去の前処理に15.20€
撤去に116.56€
1日の保管料6.18€×(保管期間)
1回撤去されてしまうと以上の金額の合計を払わなければならない。
また3日以内に車を取りに来ない際、査定された場合は61€かかる

バイクやスクーターは3行目の料金で撤去が45.70€と安くなるが撤去されないことにこした事はないだろう。

違う町では40万人口未満の町では撤去116,56 €、40万人口以上の町では126 € とされている
1日保管料も6,18 €が10€と料金が上がる。

撤去されたら即座にその町、地区のCommissariat de policeを探し、身分証明書と自動車登録証を持参しよう。
支払は現金、シェック、クレジットのどれか一つで支払可能。

もし罰金に異議がある場合には申し立てることもできる。

    Comments ( 1 )

  • coral

    厳しいですね〜
    駐車料金は東京と同じくらいだと思うけど撤去の仕方が容赦ない!
    小気味よいほどキッパリとしていますね。
    街の景観を車で損なわないようにしているようですね。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>