Main Menu

峠を目指して。-シルクロード横断編-

キルギスのナリンと言う田舎町にやってきた。

この町は日本の海外青年協力隊やNPO等が援助を行っている
町らしく、この町の特産品『SAORI』という織物は日本人が教えた
技術を彼らが昇華した逸品である。
そして現地の人によく仕事で来たのか?と質問されるとこからも、
この町と日本との関わりが深いことが伺えてくる。

DSCF1539

町自体はすごく小さくて、川沿いに一本大通りは走っているだけ。
町全体が歩いて回れる距離だ。

さて、この町もなかなか好きだが、僕の今回の目的はこの町ではない。
この町を起点にタシュラバットというキャラバンサライが使用していた
商隊宿後に向かう。そこから、ポニートレッキングで中国国境付近の
峠を目指すのが今回の目的!

DSCF1543 DSCF1557 DSCF1565 IMG_0373

タシュラバットはド自然ど真ん中の場所だ。電気も水道も通っていない。
写真の通り緑一色の場所だ。そして、標高も3000mと夏でも雹が降る寒さだ。

夏のみ、ここにユルタと呼ばれる遊牧民の移動式住居(モンゴルて言うところのゲル)が建ち
僕らツーリストを出迎えてくれる。
そして、言葉のまったく通じない現地の観光客の人たちとウォッカを酌み交わし
(←ウォッカという当たりが旧ソ連圏を連想させる)
このユルタに一泊した。

IMG_0380 IMG_0432

そして、翌日

天気は快晴!いよいよポニートレッキングの時間!

ガイドを筆頭に道無き道を4頭の馬が進んでいく。
川を渡り、草原を抜け、崖を歩き、山を超える。

因みに、乗り方のレクチャー等は一切なし…
でも、馬は勝手に進んでいく笑

そして、3時間も経過した頃。。。

IMG_0488

 

目的の峠に到着!!

目下に広がるはチャタルクル湖。見渡す限り人のいない世界。
標高はおそらく4000m弱。絶景だ!(そして、寒いを通り越して痛い)

こんな景色なかなか見れたものじゃないだろうな。

今でも、世界各国旅をして尚、印象に残っている場所の一つである。

 

 

P7132742

 

因みに、キルギスに売られているこのジュース。
値段がまさかの水より安い!
味は、値段相応。色と絵柄から想像しうる
普通のジュースだ。決してまずくはない。

後にも先にも水より安い飲み物を見たのは
コレが初めてである。

興味のある人は是非キルギスに行った際に
ご賞味頂きたく。笑

 

–次回は首都ビシュケクへ

    Comments ( 2 )

  • 珊瑚

    美しい空と雲と大地が印象的です。
    旅行するにはハードそうですが写真を見るだけでも大自然の偉大さを感じますね。
    いつも興味のある場所をご紹介してくださってとても楽しみに拝見しています。

    • tuck

      珊瑚さん
      コメントありがとうございます。
      もともと標高が高い場所なので、空の青さが日本とは比べ物にならないほどでした!
      トイレはないし、水道も電気もないような場所で確かに、ハードでしたが、
      それに見合った素晴らしい景色を見ることができました。
      これからもよろしくお願いします!

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>