Main Menu

文化交差路『サマルカンド』。-シルクロード横断編-

ここ数日、毎日35℃超えの猛暑日が続いている

そんな中、ゲストハウスに入っている木漏れ日とそよ風が僕に、
ここでちょっとゆっくりしていってくれよ、と話しかけてくる。

 

P7232980

ウズベキスタンの古都 文化交差路『サマルカンド』

カザフスタンからの国境を越え
僕はついに憧れの地へ足を踏み入れた。

東洋のローマ、東方の真珠、青の都、そして文化交差路…
幾つもの呼び名で呼ばれてきたこの地

そんな贅沢な幾つもの呼び名を欲しいがままにしているこの地は
やはり、それにふさわしい魅力が多く存在している。

 

 

P7232981

 

その幾つかを紹介していこうと思うが、
一度では収まらないので、2部構成のような形にしようと思う。

まずサマルカンド、といえばやはり
レギスタン広場だろう。

サマルカンド観光のハイライトである。

まずはそこに向かおう。

綺麗に整備された公園はとても綺麗で
ところどころに流れる水路と木陰が百熱の暑さを
和らげてくれる。

P7233012

そして、いよいよ見せ場のレギスタン広場。

コの字に並ぶ巨大な3つのマドラサ(神学校)

空の青と呼応するように美しい青が立ち並ぶ様は壮観だ

それぞれ門の両脇に建っているミナレット(塔)は、
空を支える役割を果たしているんだとか。

P7232997

夏季のサマルカンドは降水量もほぼなく、
美しい青空が広がるため、是非夏場に行くことをおすすめする。

P7232991

因みに、こちらマドラサをよく見て見ると、
ライオン(僕にはトラに見えるが)の絵が書いているのがわかる。

イスラム教といえば、偶像崇拝が禁止されているが
権力誇示のために、その戒律を破ってライオンが書かれたらしい。

P7233016

 

さて、いつもの流れで食にシフトしよう。

サマルカンド、というかウズベキスタンでもっともポピュラーな
食べ物といえば、プロフ(写真左)だろう。
米を肉や野菜、ブヨンと煮込んだ料理でコレが日本人の口にもあって
とても美味しい!

そして、サマルカンドではサマルカンド・ナンというパン(写真左上)が有名だ。
もちもちとした歯ごたえでこれも美味。

あと、スイカも美味しく、町中の至る所にスイカが売られている。

P7232982

 

最後に、サマルカンドで忘れてはいけないのが
レギスタン広場の隣にあるアイスクリーム屋さんのアイス。

中央アジアではソフトクリームの価格がべらぼーに安く、
この大盛りのソフトクリームで50円程度!

ソフトクリームは中央アジアで至るところで食べることができるが、
ここのはツーリストの間でも超有名店で毎日多くの人がアイスを買いに訪れていた。

サマルカンドは歴史好きのみならず、ソフトクリーム好きにもたまらない場所だと思う笑

さて、今回はこの辺にして観光の続きはまた次回。

 

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>