Main Menu

ドイツ、クリスマスマーケットの楽しみ方!

11月後半からクリスマスまで、ドイツ中で開かれるクリスマスマーケットは、この時期しか楽しむことができない冬の最大のイベント!

この期間はアドベント(待降節)といって、クリスマスに向けてのお菓子やもみの木や部屋に飾るオーナメントを準備する期間。

クリスマスマーケットでは、このようなクリスマスグッズを売る屋台がずらりと並び、街をキラキラと輝かせる。特に、ドレスデンやニュルンエルグのクリスマスマーケットが有名だ。

観光客だけでなく、地元民も楽しみにしているこのクリスマスマーケット。今回はクリスマスマーケットの地元民ならではの楽しみ方を紹介していく。

IMG_1507

 

ここはグリム童話の「あの物語」で有名な街、ブレーメンのクリスマスマーケット。古い建物が残されたアルトシュタットの真ん中で行われるクリスマスマーケットには全国から観光客が訪れる。

週末は大変込み合うので、地元民はウィークデイの仕事帰りに同僚と「ちょっと寄ってくか。」的なノリで訪れる。

IMG_1510

 

マーケット内では各地域の食べ物やクリスマスならではの飲み物の屋台も多く出店する。

クリスマスマーケットの定番メニューは蒸し焼きにしたマッシュルームにクリームソースをかけたものや、定番のブラートヴルスト(ソーセージ)、ブレッツェルなど。

IMG_1515
そして、クリスマスマーケットに訪れたら、必ず飲んで頂きたいのが「グリューワイン」。

グリューワインとはドイツのホットワインで、アニスやシナモンなどのスパイスが入った暖かくて甘いワインである。夜の気温は零下になるドイツの冬。白い息を吐きながら、ホットワインを飲むとすぐに体の中から温まってくる。

地域や屋台毎に、オリジナルのカップが用意されていて、グリューワインを頼むとグリューワインの値段+デポジット(1~2ユーロほど)がかかる。デポジットを払っているので、当然かわいいカップに出会ったら、戻さずにお土産として持って買えることも可能。

IMG_1523

 

グリューワインは甘くて、つい飲み過ぎてしまうので注意が必要…

この時期はスーパーでも瓶入りのグリューワインを売り出すので、お土産にも是非。

 

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>