Main Menu

英雄ティムールの生まれた地-シルクロード横断編-

サマルカンドを訪れたなら、是非近郊のシャフリサーブスも訪れて欲しい。
シャフリサーブスは歴史地区が2000年に世界遺産に登録された町だ。

しかし、シャフリサーブスの観光においてもっとも重要なのは
市内の観光ではなくて、寧ろそこに行くまでの道のりにある。

サマルカンド-シャフリサーブスは車でおよそ2時間前後の距離にあるのだが、
2000m強の峠を越える。この峠越えルートが絶景なのだ。

P8053472

剥き出しの岩がごろごろと転がる景観は、
見るものを飽きさせない。
そして、峠を越えた時に目下に広がる景色は絶景の一言!

P8053474 P8053489

さて、シャフリサーブスについたら、まず向うべきはアクサライ宮殿後。

この建築物はウズベキスタンでは知らない人がいないティムールが建てた
自身最大の建築物だ。
今は入り口のアーチしか残っていないため、その全貌を見ることは出来ないが、
アーチの大きさだけでも圧倒させられる。

P8053480

 

因みに、このアーチには登ることが出来き、上からは町を一望出来る。
ただ、登るのは急な階段なのでそれなりの体力が必要だ笑

 

P8053493 P8053495

シャフリサーブスの観光場所はアクサライ宮殿後から
まっすぐ伸びる一本道に集約されている。

ぶらぶらと歩いて行くと、スイカや宝石を売っている人、
賑わう地元のレストランなど、街の活気も感じられるのでオススメだ。

サマルカンドから日帰り観光できる、この場所は
一大観光地サマルカンドとはまた違ったウズベキスタンの顔を
見ることができるので、サマルカンドとともに訪れると面白い場所だ。

–中世の町ブハラへ

 

    Comments ( 2 )

  • coral

    この写真を見るとtuckさんが地球儀の上を歩いている姿を想像してしまいます。
    自然の中に溶け込んで歩いていますね。
    写真を見ているだけでも不思議な世界を感じます。
    アクサライ宮殿の門だけでこの素晴らしさ。
    当時の庶民達がどれだけの犠牲を払ってこの王宮を作ったのか想像してしまいます。

    私には絶対にできない旅なのでtuckさんの記事を読んで楽しんでいます。

    • tuck

      coralさん
      コメントありがとうございます。
      中央アジアなんて、日本にいたらほとんど意識しない国・文化ですから、
      実際に歩くと写真以上に不思議な世界、といった感じになります。
      だからこそ、旅行は面白いのですが笑
      これかも、よろしくお願い致します。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>