Main Menu

コルカタとこれからの旅へ-南アジア放浪記編-

ブータンとインドの国境へ戻ってきた。
標高2000mにあるティンプーから一転して
国境の町ジャイゴンは蒸し暑く、夢の国の旅から
僕を一気に現実へと引き戻していく

PA081575

 

これから向うのは、インドのコルカタという都市だ。

コルカタはマザーテレサの死を待つ家があったり、
インド観光の黄金ルートにも当たる街であるため
人の出入りも激しいし。かの有名な深夜特急の
第一巻の始まりもこのコルカタだ。

そんな、何かと有名なコルカタではあるが
僕がコルカタを目指す目的は、これから向かう場所への
中継地点と言うだけであり、これといって
やりたいことがあるわけではない。

まぁ、しかしインドなのでやりたいことなんてなくても
ハプニングは向こうから勝手にやってくるだろう…

 

ブータンでお世話になったガイドが最後の仕事として
コルカタ行きのバスのチケットを手配してくれた。
ここから約20時間ほどの移動だという。

そして、ほんとうにお世話になったガイドとドライバーに
また、必ず会いに来るよと別れを告げ
僕はバスに乗り込んでインドへ出国した。

PA121627

 

そして、予定を4時間ほどオーバーして約1日がかりで
コルカタへ到着した。

バスを降りると当たり目のように群がってくるタクシーの
おっちゃんたち。僕はそれら全てを払いのけ、目当ての
安宿が集中してる通りへと向う。
また、旅が始まった…そんな気分だった。

宿までの道も当たり前のように
怪しい話を持ち掛けてくるインド人…

コルカタもあまり治安が良さそうな雰囲気がしない街だ。
まぁ、ブータンから帰ってくればどこでもそう思うのかも知れないが…

PA131637

 

宿を無事に取り
早速食事へ。

なんだかんだでインドカレーも久しぶりだ。

さて、今後の予定についてだが、
これから飛行機へ乗り向うはスリランカ!

インドの南にある島国で東洋の真珠とか呼ばれている。
そして、スリランカを代表するシーギリヤ・ロックは
世界的にも有名な一枚岩の遺跡である。

そんなスリランカに向うための中継地点であるコルカタなので、
2日くらい滞在をしたが、観光は全くしていないどころか
写真すらほとんど残っていない始末(笑)

まぁ、ちょくちょく外出してはインド人に絡まれて
体の悪い話を持ちかけられてケンカになりそうなこともあり…
とう感じだったのだが…その辺りの話は割愛しておこう。

対してスリランカは熱心な仏教徒の国なので
治安も結構良いらしく、ひとも穏やかとのこと。

またゆっくり旅が出来そうだ。

PA141664

さぁ、スリランカへ出発しよう。

美しい海と有名な紅茶が僕を待っている、に違いない(笑)

 

–次回、スリランカから

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>