Main Menu

モンサンミッシェルの旅 その4

image

 

 

 

 

 

 

 

 

回廊にすすみます。この場所は祈りと瞑想の場所だったようです。
13世紀にたてられたラ・メルヴェイユと呼ばれる建物の最上階です。

左側の大きな窓は実は通路続く予定だったのですが未完成で終わっていて今はそこから海が見渡せる大きな窓になってます。

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

教会の窓が見えます。庭園が美しい。

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

回廊は重量軽減のために木材でつくられています。

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

修道僧達の食事所です。両サイドには58個の窓があり、このように窓をたくさん作る技術は当時にとってはとても高度な技術だったようです。

天井からはとりの羽が飾られてます。

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

このように細長く奥まった窓がたくさんあることにより太陽の光がさしこみます。

ちなみに食事の間は会話が禁止だったそうです。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは迎賓の間。王や貴族達を迎える部屋です

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な窓があります。

その裏は、、、

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの部屋につながります。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

つながって、太柱の礼拝堂で15世紀中頃につくられました

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

この礼拝堂は修道院付属の教会のゴシック様式の内陣をささえられるのにつくられたそうです。

 

 

 

 

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>