Main Menu

ドイツ春の味!シュパーゲル(白アスパラガス)を食べる!

ドイツの春は最高だ。夏時間が始まり昼が長くなるので、空に残っている太陽を見ながらいつまでもビールを飲んでいられる。春の始めの4月下旬から5月にかけて、ドイツ全域で食べることができる野菜、白アスパラガス。日本では馴染みがないけど、この約1、2ヶ月間しか食べることができないシュパーゲルはまさにドイツ春の味!採れたてで新鮮な うちが美味しいシュパーゲル、時期になると街の至ところにシュパーゲル屋台が突如出現する。しかも、いろいろな地区でシュパーゲルフェスト(白アスパラ祭り)が開催されていて、ドイツ人がこの時期を待ち望んでいたことがよくわかる。
どこのレストランでもスープやグラタンなどシュパーゲル料理を出しているが、定番なのはやはりオランデーズソースで食べる茹でシュパーゲル。緑アスパラと違い、クタクタになるまで茹でられており、チュルルっと吸い込むように食べるのがだが、これが、旨い!「シュパーゲル農家へのバスツアー」もそこら中で企画されいて、もちろん行くっしょ!と予約したはいいが、なんと寝坊してバスに間に合わないという失態をおかしてしまった。これは、ぜひ次の春にリベンジしたい!と、毎年思うほどシュパーゲルは美味しいのだ。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>