Main Menu

本場!南ドイツで食べるアイスバイン

ドイツ料理と言えば、肉・じゃがいも・ビール!これぞまさにドイツ料理という料理は大抵のものが南ドイツの料理である。それ以外の都市にもドイツ料理屋はあるが、おいしい店に出会える率が低くなる。私が美味しい!と思ったアイスバインを食べたのはドイツ南部にあるニュルンベルク、おもちゃ箱をひっくり返したような美しい街でクリスマスマーケットやメッセ会場でも有名な都市だ。観光客であふれるレストランに入り、おすすめを全部!と言って頼んだら、でてきたのがアイスバイン、でかーい!しかもちょっとグロイ、というか和食にはないな、このセンス、原始人の肉みたいなイメージ。その肉にフォークがブスっと、垂直に刺さってでてくるところもあるが、それが定番らしいが、とにかく「あなたち本当に肉食なんですね」と言いたくなるような盛りつけなのだ。豚の骨付きすね肉をザワークラウトと一緒にとろとろに煮込んでいて、クヌーデルというじゃがいも団子のようなもと食べる。日本人にはできない、シンプルかつ大胆すぎる料理。大きさに圧倒されつつも、美味しいのでもちろん完食!ただ、とてもボリュームがあるので、友人何人かとシェアするのをおすすめします。じゃないと。しばらく、肉はいらないかな、って感じになる(普通なら)。

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>