Main Menu

週末、家族で味わうフランス地方料理

温かみのある地方料理。

地元の文化や景色にかかわらず、旅行する時において私にとっては料理が大切な新しい発見の一つであることに気づいた。教会の鐘の音のように伝統的な料理は土地の特徴が現れている。そしてそれぞれのとちの文化をあらわしている表現法の一つでもある。私たちは誰でも地元の料理の我が家のレシピをもっていて、友たち同士で分け合いたいと思っている。今回はいくつかの郷土料理のご紹介をしたいと思います。

アルザスの温かい料理

アルザスとここの肉屋には特に深い思い入れがある。祖母が作ってくれたザワークラウトの匂いと味のためだ。週末は知人が紹介してくれた肉屋/レストランの腕前を試してみることに。PORCUSに行くためにストラスブールの典型的なホテルに向かう。ポワ・カッセのスープ、ラードのクルトン入りを注文。いい選択だった! 素材は厳選されていてアルザスの料理のなかに多く見出される燻製のにおいがした。美味しかったのでレストランのお店で少し買い物をしたほど!

次の日はMULHOUSEのILOT DE SERENITEにフライシュシュナッカ(肉のエスカルゴ)を食べに。これはひき肉を生地で巻いたものでポトフのブイヨンで茹でる、ラザニアと一緒にする人がいるがそれは食べるまでの話!次にフライシュシュナッカの甘くしたバージョンを試してみる(上の写真)チョコレートをシュー生地で巻いたもの。これはまた食べたい!

デザートにはバールまで行きバーズラー・レッカリーを作っているパン屋まで向かう。この冷たいお菓子はパン・デピセを基本にアーモンドなどを足して作る。このお菓子は生地を混ぜるのが大変で昔は職人により作られ貴重で高いお菓子だったようです。クリスマスの時期になると良く食べられ、私にとってはなくてはならないものです!

ピレネー・アトランティックのバスクへの旅。

バスクの食文化は良く忘れられるが、私にとってははっとするものの一つだ。アングレ唐辛子、メルリュ・コスケラ、アショア、チャングロ蟹のテリーヌすべての料理に特徴があります。

もっと深くこの文化について知るために“バスクの国のバルコニー” バイヨンヌに行ってシンガーを試すことに。薄くきった豚肉の塩漬けでバスクの代表的な特産品。現地で知り合った人の話によるとこの商品は製造者の家族にとっては大事なもの(冬に入って一番最初に屠殺される豚から作られる)であり、食文化の見地からもarroltze ta xingar(バスク語で卵とベーコン)talo ta xingar (バスクの大教的なサンドイッチ)ピペラードに使われる。

またバスク菓子のなぞについてもっと詳しく知りたかった。ラブールの特産品でm伝統的なイッツァスーの黒さくらんぼから作られる。秘密を探るためにカンボ・レ・バン、このお菓子の発祥の小さな町へと向かった。ここではお祭り(10月の終わり)準備のためにバスク菓子が作られているのだ。8年前からここではこのお菓子を作りながら祝っている。ここでは他にも地元の味が楽しめる。

オブラック 肉の町!

ここはもう一度行きたい地方の一つ!肉好きの人間としてはこの地方の食文化を何度でも発見したい。まずは美味しいアリゴをつくるロゼルの農場に向かう。アリゴを知りませんか?残念!とても簡単三割のトーム・フレッシュに三割の一の同じ大きさのジャガイモそして三割の生クリーム。とても美味しいですよ!

もちろんオブラックといえば牛肉。なぜかというとここの牛肉はフランスの牛肉のシンボル、日本で言う和牛のように!ジェニス フルール オベラック(シャロレの父親にオベラックの母親の品種)の一切れのフィレ(一番やわらかい!)。エスパリオン通りで購入して炭火で片側8分ずつ焼いて中心はピンク色。ウィスキー入りの粒入りマスタードと一緒に。

この旅行が終わる前にラギオールによってMAISON BRASで食事をしたかった。ミッシェル ブラとその息子のセバスチャンが経営している星つきのレストランだ。毎回来るたびに驚かされる地元で取れた食材が“ブラ”のてによって見事な料理に仕上がっている。食の旅を締めくくるには完璧だ。

 

引用元 : http://www.caractere-original.com/idees-repas-gourmands/circuits-des-specialites-francaises-a-decouvrir-durant-un-week-end-en-famille/

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>