Main Menu

100% トリュフな週末

珍味の1つトリュフを発見する旅

 

ヴォクリューズ県はフランスのトリュフ40%を占める生産量一位の県。数ある美しい町のひとつでホテル クリヨン ル ブラヴがこの黒い黄金にまつわる5つの週末を提供します。

クリヨン ル ブラヴはヴァントゥー山の丘の側面に位置し、段々に建設された家と小さな庭。古い7軒の家が90年代にかけて建築遺産や廃墟に情熱を傾ける一人の人間によって修復され通り道にはプロバンスの草や地中海の花が植えられた。厩舎、牧師館、そして学校というそれぞれ違う役割を持つ建物が集まりこれがこのホテルの始まり。このホテルは町と同じ名前がつけられた。この名前はこの町に城を所有していたアンリ4世の従者«brave Crillon»(勇者クリヨンの意)からきており彼の名はまたパリのコンコルド広場のホテルの名前にもなっている。

32寝室ありここからは北に位置するカルパントラやリュベロンなどの田舎町のパノラマが楽しめる。この少し風変わりな場所で10月から収穫が始まるトリュフの週末が企画されている。プログラムは3日間。この中でも目玉のイベントはルイ13世の時代から続くエリック ジョマードのトリュフ園の見学だ。少しの訛りと沢山の笑顔でエリックはトリュフについて説明してくれる。

いよいよ18ヘクタールの広さに数十本のオークが生えているトリュフ園にむかう。
ここでトリュフ犬のお仕事。雑種だが子供のころから鼻にトリュフの匂いをつけて育てられいる。このことによって数年後にはトリュフの匂いを感じると稲妻の速さで駆けつけ地中にあるきのこを掘り出すのだ。なかなかの見ものです!見学は昼食で終了。トリュフのスクランブルエッグ、トリュフのサラダ、クレーム・ブリュレ・・・・・・トリュフ入り。すべて息子のフランクが調理してくれるもので暖炉の前の大きなテーブルでサービスされます。

もう一つの目玉は次の日シャトーヌフ ドゥ パプのぶどう園見学、リルシュルラソルグを散歩(アンティークで有名な町)、若手シェフ、ジェローム ブランシェ(ニースにあるNegrescの二番手シェフだった)による料理教室と夕食をホテルで。

これらのプログラムはすべて個人が自由行動で行う。万が一のためにホテルはトリュフ園に行くためのパンフレットを用意している、ここでの見学はグループ(最大16人)で行われる。 トリュフの週末はこの地方を発見するいい機会の一つでもある特に二ヶ所のプランが用意されている(ホテルの受付が製作したトポガイド)私たちがいいと思ったのはに素晴らしい景色を見ながら魅力的な小道を隣町ブドワンに向けて二時間かけて散歩するプラン。

“トリュフとワイン”の週末10/30から11/3、11/7から11/10、11/14から11/17
11/21から11/24そして11/28から12/1。三泊四日、朝食、見学と数回の夕食込みで1185ユーロから。

引用元 : http://www.lefigaro.fr/voyages/2013/10/25/30003-20131025ARTFIG00371-un-week-end-100-truffe-en-provence.php

コメント投稿欄

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>